クレジットカード会社に加盟するためには何故厳しい審査が必要なのか?

先回の記事でも紹介したように、クレジットカード決済システムを利用するためには審査を受ける必要があります。
本当に信用に値するエステサロンなのか?を審査をするわけです。

ここでちょっとした疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれません。
「なぜ、”信用する・信用しない”の審査が必要なのか?」ということです。
ここではエステサロンとクレジットカード会社の、ちょっとした小話をしていきたいと思います。

■悪徳業者が利用しないための措置

エステサロンと耳にしたとき「怪しい」と感じる一般の方が意外と多いというのをご存知でしょうか? 昔と比べるとかなり減ってきてはいますが、どれだけ健全経営をしていても、色眼鏡で見てくる一般の方がいらっしゃるのです。

何故か? 理由は簡単で、以前、エステサロンの名を語り、利用者からお金を騙し取るという悪徳業者が横行したからです。 悪徳業者という存在は、エステサロンに限らずどこにも現れるため、偏見だという声もありますが。

ともあれ、エステサロンのサービスの特殊性を利用して「表沙汰になりにくい形」でお金騙し取っているため、質が悪いといえるでしょう。 だからこそ、他業種よりもイメージが悪いのかもしれません。

中には、未だに「悪徳業者にお金をだまし取られた」と気付いていない方もいらっしゃる可能も高いです。
それほど巧妙化された手口なのです。

そして今もなお、何処かで潜んでいる可能性もあるため、クレジットカード会社としては警戒をせざるを得ないわけです。 結果、信用できるのか?という審査が必要姓があることに繋がってきます。